読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女いない歴=年齢の僕が彼女を作った方法

彼女いない歴=年齢の僕が彼女を作った方法を公開してきます。彼女いない歴=年齢の状態が28歳まで続いた僕・・・。今考えれば絶望的な状態だった訳ですが、そんな状態から脱して、1年毎に新しい彼女ができてったマル秘テクニックを大公開していきます。

リアクションで話しやすくする

こんばんは(^^)八王子ケンジです。このブログでは僕が彼女いない歴=年齢だった過去を変えて、彼女ができるようになった経緯や学んだテクニックを書き綴っていきます。

 

あなたがもし、同じような悩みを抱えているのであれば、ぜひ一つの参考にしてみて下さい。

 

リアクションがやっぱり大事。

これは、女性との関係性に限らず、人間対人間の関係性においてはとても重要なことなんですけど、リアクションを取ることが非常に大切なんです。

 

しっかりとリアクションを取らないと、相手は「この人私の話を聴いていないのかな?」と思ってしまいますし、逆にリアクションがしっかりしていれば相手は話しやすくなります。

 

『リアクションは自分が思っている以上に何倍も大袈裟に取れ!』

 

なんて言葉、あなたも言われたことが一度はあるんじゃないかと思います。

この意見は半分、正解で半分不正解です。

 

まず、『~倍』というのがよくわかりません。リアクションは数値では表せません。それに対して、数倍大袈裟なリアクションを取れ、なんて言われてもどだいわかる訳がありません。無理難題なんです。

 

だからこそ、『~倍』という数字に拘る必要は毛頭ありませんが、相手が話しやすくなるように工夫してあげることは非常に大切です。

 

かと言って、何でもかんでも大袈裟に反応すればいいのではなくて、

 

相手がリアクションを望んでいる部分で大袈裟に反応する

ということが大切です。あなたも、普段、人と話している時に、

 

『あ、ここで頷いてほしいんだな!!』

 

とわかる場面があると思います。基本はそれと同じです。会話をしている中で、

 

『あ、ここでリアクションを求めているな』

 

とわかる部分で大袈裟にリアクションを取るんです。

 

具体的には女性の場合は、『自分の話』の場合があるんです。

 

例えば、

 

『今日〇〇なことがあったんだよね・・・疲れちゃった・・・』

 

ということを言って来たら、

 

〇〇なこと!!それは酷い・・・』

 

という風に、相手の気持ちを代弁してあげることが非常に大切なんです。

 

 

そのためには当然、相手の話をきちんと聴いていないとなりません。大前提はそこから。まずは相手の話をしっかりと聴くこと。その上で、相手が反応を欲している場面で、相手の想像以上にリアクションを取ることが大切です。

 

明日はそんな、『リアクション』と『代弁』の関係性について書いていきます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等があればお気軽にコメントをどうぞ(^^)