読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女いない歴=年齢の僕が彼女を作った方法

彼女いない歴=年齢の僕が彼女を作った方法を公開してきます。彼女いない歴=年齢の状態が28歳まで続いた僕・・・。今考えれば絶望的な状態だった訳ですが、そんな状態から脱して、1年毎に新しい彼女ができてったマル秘テクニックを大公開していきます。

楽しむこと、楽しませること

こんばんは、八王子ケンジです。

 

今日はちょっと予定を変えて、昨日のお続きを投稿をします。

 

楽しむこと、楽しませることが本当に重要だからです。

 

 特に彼女いない歴=年齢の人のように極端に女性になれていない人は、女性の前に出ると、緊張してしまって上手く話せないケースがあります。

 

言い換えると、話すことに手いっぱいになってしまって肝心の会話の目的である、相手の女性を楽しませることまでできない場合が多いんです。少なくとも僕の場合はそうでした。

 

改めて会話は

 

楽しむこと、楽しませることが目的

であることを忘れてはなりません。

 

当然のことながら会話をすることそのものが目的ではありません。

 

だからこそ、本当の意味での会話の目的は楽しむこと、楽しませることであることを忘れてはなりません。

 

それは、女性との会話に限らず、誰と会話する場合も同じです。

 

 

楽しんで楽しませるために必要なこと

では、そのために必要なことは何でしょうか??

 

それはもちろん、色々とあります。機械的なことではなくて対人のことなので、対策が一つでないことは当然です。

 

その中で得に大切なことは、

 

共感

です。

 

この共感が本当に大切なんです。

 

ただこの共感が本当に難しい。特に女性との会話になれていない状態だと、本当に話すことそのものに精いっぱいになってしまって中々実行に移すことが出来ません。

 

更に言えば、共感もそれそのものが目的ではありません。

 

共感することで味方になる

ことが最も大切なんです。

 

同様に形だけの共感なんて意味を成しません。

 

共感を心からすることで、

 

『私はあなたの味方ですよ。』とアピールすることに繋がります。

 

特に女性はあまり慣れ親しんでいない人とは、距離を置こうとする傾向があるのでたっぷりと共感をして、味方であるというアプローチをすることが大切なんです。

 

ただオーバーに共感したり、リアクションを取れば良い訳ではなくて、相手の会話の中で相手が共感してほしいと思っているであろう部分を読みとって、そこに深い共感をすることが大切です。

 

それだけ相手の話をきちんと聴いている必要があります。相手の話をよく聞く必要があるということは、こういうところにあるんです。

 

あなたがうまく、共感をすることが出来て、女性の味方になることができれば、相手の女性は自分から積極的に話してくれるようになります。

 

だからこそ共感が大切なんです。

 

明日は当初の予定通りの続きを書いていきます。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)