読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

彼女いない歴=年齢の僕が彼女を作った方法

彼女いない歴=年齢の僕が彼女を作った方法を公開してきます。彼女いない歴=年齢の状態が28歳まで続いた僕・・・。今考えれば絶望的な状態だった訳ですが、そんな状態から脱して、1年毎に新しい彼女ができてったマル秘テクニックを大公開していきます。

人間は話すのが好きな生き物

こんばんは(^^)八王子ケンジです。このブログでは、僕が、『彼女いない歴=年齢』の人生を変えた方法を書いています。

 

あなたが同じような経験を持って、何とか人生を変えたいと思うなら、参考になる部分があると思いますので、ぜひ読んでみて下さい。

 やっぱり人は話すのが好き

やっぱり人は話すのが好きな生き物なんです。

 

僕自身は口下手なんですけど、やっぱり自分の話を親身になってきいてくれる人と言うのは、つい、安心感を覚えます。

 

そう、この安心感というのが非常に大切で、彼女いない歴=年齢になってしまうのは、話している相手の女性に安心感を与えられていないからなんです。

 

話している相手に安心感を与えることは非常に大切なことなんです。

 

女性は直感が強い

女性は直感が強い、これは本当にそう思います。よく、浮気をした男性が、『まさか気づかれるとは思わなかった』というようなことを言っているのをテレビとかで見かけます。

 

女性は鋭いんです。感性がとても尖っているというか、話している相手に安心感を覚えないと、あなたにも興味を持って暮れないんです。

 

だからこそ、女性と話すときに大事なことは、

 

相手に安心感を与えること

が大切なんです。その安心感がうまくいけば好意に至るのですが、彼女いない歴=年齢になってしまう人は、どうしてもそれがうまくできません。

 

相手に安心感を与えるためには、どうしたらいいのでしょうか?

 

とにかく聴くこと

これが最も大切です。ただ聴いていればいいのではなくて、要所要所でリアクションを取ること。それが最も大切なことなんです。繰り返しますが、女性の感性は非常に鋭いので、女性の話の中で、『ここでリアクションを取ってほしい』というのは敏感に感じ取ります。

 

つまり、『ここで驚いてもらいたい』というような話をしている時に、あなたが、『ふーん』と軽く聞き逃していると、相手の女性はそれを敏感に感じ取って、あなたに安心感を感じなくなります。さりげなく距離を置かれてしまうんです。

 

適切な箇所でリアクションを取って相手が話しやすい環境を作ることが、女性に安心感を与える上で非常に大切なことなんです。

 

だからこそ。相手が安心感を覚えるように、話しやすいように、『聴くこと』。これを意識してみて下さい。

 

明日の投稿では、そのリアクションについて、詳しく触れていきたいと思います。

 

最後まで読んでいただいてありがとうございます。感想、ご質問等がございましたら、お気軽にコメントをどうぞ(^^)